Script is OFF

スポンサーサイト

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番上に戻る

ハセガワ F-15J その18

2013/04/03 (水)

すぐやらないとずっと放っておきそうだったので、さくっと修正しました。
まず脚周り。主脚は若干外に開くみたいですが、タイヤは垂直になるようです。
主脚と同じ角度で接着してしまったので、一度取って接着し直しました。
まだ曲がっていますがこのあたりが落としどころかな?
DSC04197.jpg

WAVEの低白化を購入してきたので尾翼を接着。
根元まで入らずに隙間が出来てしまったのも修正しました。
DSC04198.jpg

キャノピーも一度取り外してハセガワのセラミックコンパウンドとコーティングポリマーで磨きました。
結構綺麗になるので少々お高いですがお気に入りの道具です。
DSC04199.jpg


撮影ブースを取り出して久々に撮影です。
F-15J_01.jpgF-15J_02.jpg

F-15J_03.jpgF-15J_04.jpg

F-15J_05.jpgF-15J_06.jpg

スタンドライトを3つ使用していたのですが、そのうち1つをベッドに固定してしまったので
今までと光の当たり方が変わってしまいました。
安いクリップライトを追加したいところです。

いや~完成して良かった~。それにしてもデカール貼るの下手ですねw
シルバリングを直したりモールドに馴染ませるのは出来るのですが、大判をシワ無く
貼る方法がわかりません。どうしてもどこか一部に文字通りしわ寄せが来るので今度は
そこを馴染ませようとすると別の部分にシワが・・・
それを繰り返しているとしまいには破いてしまいます。
上手く貼れるかたは、感覚的にどこから伸ばしていけば良いのか分かるものなのでしょうか?
何かセオリーみたいなものがあれば教えていただきたいです。


コンテストの詳細はTOMOさんのブログに載っていますので、興味あるかたは是非そちらへ。
ハセガワ協賛コンテストレポート2013
スポンサーサイト
コメント(7) | 一番上に戻る
コメント
  1. 修正お疲れ様です。
    やっぱりすぐやらないと絶対やらなくなっちゃうもんねぇ~

    相変わらず見事としか言いようがないですね。
    デカールはリカバリー良かったと思いますよ。
    それも技術の一つです!たぶんw
    だけど本当にコツがあるなら知りたいですねぇ~

  2. TOMOさん
    時間を空ければ空けるほどいじる気無くしますからねw

    パッと見目立たなくはなりましたが、もう少し色合わせに時間があればと後悔してます。
    ごまかす技術は結構大事ですよね。
    模型の場合、リカバリーが上手くいけば失敗が無かったことになりますからw

    アイマス機とか綺麗に仕上げてるかた多いですからコツは絶対あると思いますよ。

  3. 絶対やらなくなっちゃう私が来ましたよ。

    アイマスの超絶作品はすごいですよね。
    デカールは新しいに越した事はないんでしょうけど、新しいからといって全てが貼りやすいかといえばさにあらず・・・

    プラモ道を極めるのは難しいですよね。

  4. 秀造さん
    アイマス機はすごいですね。
    キャラクターへの愛もあるのでしょうが、あれだけのデカールを綺麗に貼るというのは
    相当技術がないと難しいと思います。
    デカールも常に新しいのが手に入ればいいのですが、コスト的にまとめて生産してる
    みたいなのでデカールだけ考えるとNEWキットを買うのが一番ということに。
    でも作りたくなるのって大体販売から数年経っているキットばかりというw

  5. デカールの質はさまざま
    ハセガワのデカールはやりにくいですね
    カー・バイク模型だとカルトグラフ製という高品質のデカールを使いますが
    デカール貼る前にクリアを吹いて貼り易くするしか

  6. カッ、カッチョイイ!!!

  7. 5さん
    カルトは厚いわりに馴染みやすくていいですね。
    記事を見てもらうと分かりますが、今回クリアでコートした上に貼っています。
    なので馴染ませかたの問題だったのでしょうね。

    ガチャコさん
    いえーい!(^_^)v

 (編集・削除時に必要です)
非公開コメントにする
当ブログでは"このコメントは管理人のみ閲覧できます"と表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。