Script is OFF

スポンサーサイト

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番上に戻る
ヒケ処理の都合で消してしまった点検ハッチとその凸リベットを再生。
DSC03453.jpg

尾翼上部の凸リベットも再生。いや~球ぐり工具さまさまですねw
DSC03454.jpg

接着!
DSC03455.jpg

水平尾翼を挟み込むようになっていますが、向こう側の光が覗くと見えてしまいました。
DSC03456.jpg

ちょっと分かりづらいのですが、長いヘラを使い内側からポリパテを盛って透過防止に。
DSC03458.jpg

もし作られる方がいたら先にパテかプラ板で処理しておくことをオススメします。
ちょっとしたことですが透けてるとかっこ悪いので気が抜けませんね。
スポンサーサイト
コメント(2) | 一番上に戻る
コメント
  1. やっぱり1/72よりテールが大きいですね~
    えっと。パテって乾くと硬さはどの位になるのですか?

  2. ぽけへりさん

    2倍以上違ってくるので余計に大きく感じられるかもしれませんね。

    硬さ・・・うーん感覚ですが
    溶きパテ:プラと同じかちょっと柔らかい。
    ポリパテ:完全硬化すると結構硬くなります。そのためか欠けやすいです。
    エポパテ:これも硬いです。高密度だとちょっと弾力が残る感じがします。
    アルテコ:硬いです。粉と液の量で調節できますが、今度は硬化時間が早く
         なるのが悩みどころ。
    光パテ:ポリパテよりやや柔らかい感じ。欠けやすさは同じくらい。

    硬いといってもナイフやヤスリで整形できるので、それほど気にしなくて
    いいと思いますよ~

 (編集・削除時に必要です)
非公開コメントにする
当ブログでは"このコメントは管理人のみ閲覧できます"と表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。