Script is OFF

スポンサーサイト

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番上に戻る
後部に窓を追加したことによってちょっとした弊害が・・・
写真を見てもらうと分かると思いますが、窓上部の天井が無く筒抜けです。
DSC03402.jpg

うーんこれは困った。後ろから覗くと結構目立ちます。
フタするしかなさそうですね。

今回使用する工具はこちら。
正式名称があったはずなのですが忘れてしまいました。
うちでは型取り君と呼んでいますw
DSC03403.jpg

構造は簡単で細い棒状のものが並んでいて、それぞれ独立して動きます。
押し付けるとカーブをそのまま写し取れるというわけです。
DSC03404.jpg

それを元にプラ板を切り出して天井パーツを追加。
DSC03405.jpgDSC03406.jpg

下から覗き込んでも大丈夫!
DSC03408.jpg


キャビンの側壁を厚くしたため天井を幅詰めしました。
隙間が目立つのでポリパテでむにゅっと
DSC03409.jpgDSC03411.jpg
乾燥したら成形して行こうと思います。

ヘリを作るのは初めてなのですが内装が広い分大変です。
戦闘機だとコックピットだけなので少々強引に接着しても問題ないのですが
これだけ広いキャビンだと、一つ一つのパーツを丁寧に処理していかないと
胴体自体がはまらないので、なかなか面倒ですね。

実際にこれを接着するときはシートやら工具箱やら接着されている状態なので
キチンとはまるか今から心配です。
スポンサーサイト
コメント(0) | 一番上に戻る
コメント
 (編集・削除時に必要です)
非公開コメントにする
当ブログでは"このコメントは管理人のみ閲覧できます"と表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。