Script is OFF

スポンサーサイト

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番上に戻る
今回はキットの中身から

DSC02881.jpg

良くある上下に分かれるタイプではなく、側面がパカッと開くタイプです。
製作途中で蓋側にランナー・箱側にパーツを入れたいのでちょっと不便でした・・・

各ランナー

DSC02882.jpgDSC02883.jpg

DSC02884.jpg

ここまでが機体関係。そして武器類

DSC02885.jpgDSC02886.jpg

まずこの武器の多さに驚きw

AIM-9L(サイドワインダー) x2
AIM-120B(アムラーム) x4
AIM-132(アスラーム) x2
Meteor(ミーティア) x4
IRIS-T x2
Taurus KEPD 350 x2
SCALP-EG / STORM SHADOW x2
GBU-24B(ペイブウェイ) x2
RECCE pod(偵察ポッド)x1
1000Lドロップタンク x3

よりどりみどり。ちょっとした武器セットですね。
最後にデカール。

DSC02887.jpg

イギリス空軍 2005/2006
No.3 Squadron
No.17(R) Squadron
No.29(R) Squadron

ドイツ空軍
Jagdgeschwader 73 "Steinhoff",Laage,2005
Jagdgeschwader 74 Neuburg,2006

オーストリア空軍,2007
イタリア空軍 Grosseto,2005
スペイン空軍 Moron Air Base,2006

こちらもよりどりみどりw さすが地元の戦闘機ですね。気合入ってます。

練習用にとエッチングパーツを一緒に買いました。

DSC02889.jpg

エデュアルドのセットとフライトパスのボーディングラダーです。
エッチングパーツを使うのは初めてでしたが精密に出来てます。
ちょっとお値段は張りますがこの出来には納得でした。
スポンサーサイト
コメント(0) | 一番上に戻る
何はともあれまず洗浄です。台所洗剤を歯ブラシでこすります。

DSC02890.jpg

おなじみコックピットから。
エッチングパーツを使うのでベルト部分をリューターで削り落としてます。

DSC02891.jpgDSC02892.jpg

クッション部分はC27 機体内部色とC304 オリーブドラブを混色。
パネルのグレーはC13 ニュートラルグレーとC1 ホワイトを3:1で。
もう少し白を多くても良かったかもしれません。

DSC02893.jpgDSC02894.jpg

エッチングパーツを瞬着で貼っていき、最後にドライブラシでちょっと汚してみました。

DSC_3998.jpg

簡単にここまで出来てしまいました。すごいですね。
一つ気になるとすればスイッチ類の凹凸が無くなります。
レベルのキットは比較的モールドがしっかりしているので、このあたりは好みが分かれそうな所です。
コメント(0) | 一番上に戻る
続いて胴体です。
カナード翼は中と外で接着し稼動させるようになっていますが、これだと先に接着
しないといけないので、軸を瞬着で太らせて後で押し込むようにします。

DSC02897.jpg

今回はちょっと加工しようと考えていたので、実機の写真と見比べてみたり色々弄りました。
改修部分として・・・
まず目立つのが胴体左の補助動力装置排気パイプと尾翼横の熱交換器排気ダクト開口です。
どちらも埋まっているので開口してフィンを追加してみようと思います。

DSC02898.jpg

実機はボルト穴が結構目立ちますね。このあたりも追加して行きました。
しかし写真が豊富ですね。メーカーサイトにも高画質の写真が沢山あります。

写真を見ながらラインを書いていきました。

DSC02900.jpg

けがき針でポチポチ穴あけ。
これは時間掛かりますね。少しずつ進めて行きましょう。

DSC02901.jpg


丸で囲った部分のスジボリも途中で消えてました。
写真を見ながら彫りなおし。

DSC_3999.jpg

ラダーの分割もキットは下まで伸びてますが、実機は斜めのパネルまでなので
埋めてしまいます。

これらの他に脚周りのパイピング、赤外線ポッド先端を透明パーツに置き換え、
コックピット後部の配線追加・・・などを行いました。
コメント(0) | 一番上に戻る
ポチポチ・・・・・
ラインを書いた後ケガキ針でポチポチ。

DSC02903.jpgDSC02904.jpg

600番でヤスリがけをして、盛り上がった部分を削り取ります。

続いて主翼です。
上面は結構びっしりありますね・・・このときどれだけ後悔したかw

DSC02906.jpg

等間隔で入れるためリベットローラーを作りました。
左から1.5mm、1.0mm、0.5mm間隔です。

DSC02907.jpg

これで当たりをつけてからぽちぽち・・・・

DSC02908.jpgDSC02910.jpg

親指にタコが出来ましたw

ペンでカキカキ

DSC02912.jpg

ローラーコロコロ

DSC02913.jpg

針でポチポチ

DSC02917.jpg

ヤスリでシュコシュコ

DSC02918.jpgDSC02919.jpg

しかしポチポチしてるうちに段々ハイになっていったのは何故?w
コメント(0) | 一番上に戻る
尾翼と左胴体のダクトを作成しました。
塞がっているのでリューターで開口

DSC02920.jpgDSC02921.jpg

穴のサイズに合わせたプラバンを作り

DSC02923.jpgDSC02926.jpg

塩ビ板をバキュームフォームで成型。

DSC02927.jpg

フィンをプラバンで追加して

DSC02929.jpgDSC02931.jpg

胴体に接着。うん、いい感じ。

DSC02932.jpgDSC02933.jpg

透け防止に黒塗装したプラバンを貼りました。

DSC02936.jpg
コメント(0) | 一番上に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。